引っ越しの際に必要な手続き(都市ガス編)

引っ越しとなった場合、しなくてはいけないことが山ほどあります。ガスの手続きもお忘れなく・・・料理にもお風呂にもガスは必要です。お引越し先ででスムーズにガスが使えないとなるとガッカリです。お引越しに必要な都市ガスの手続きはこちらでチェック!

引っ越しの際に必要な手続き(都市ガス編)
  • 都市ガスの使用開始にはガスの開栓作業が必要です。
  • ガスの開栓作業は作業員によって行われます。契約者の立ち合いも必要になります。
  • このため、お引越し先ですぐにガスを使いたい場合は、時間に余裕をもって早めに申し込みをしましょう。

都市ガスの契約をとめる(閉栓)

お引越しの際には、いま契約している都市ガス会社に連絡をしてガス契約をストップする必要があります。

この際忘れてはいけいないのはは、都市ガスの契約停止には、都市ガス会社作業員による作業が要ることです。作業時間自体は10分程度ですが、予約が必要です。1日前までには申し込みをしなくてはなりません。

ガスの契約を停止する場合には、都市ガス会社の係員による閉栓作業が必ず必要になりますのでお忘れなく!

東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガスとも契約を停止する場合にはインターネットもしくは電話での連絡が可能です。

ちなみにインターネットから申し込みをする場合には、どの都市ガス会社であっても、「お客様番号」が必要になりますので注意してください。お客様番号は、「ガス使用のお知らせ(検針票)」に記載されていますので、同紙をチェックしてみてください。

どうしても「お客様番号」が分からなければ、電話にて各都市ガス会社に連絡する必要があります。

ガス会社に電話休み明けの午前中(例えば月曜日)や引っ越しのシーズン(3月)は電話がかかりにくいのでご注意ください。

都市ガスの契約を開始する(開栓)

引っ越し先では都市ガス会社作業員による開栓作業が必ず必要です。安全のためにもこの作業をしてもらわないと、ガスは使用することができません。

ガスの使用開始に必ず都市ガス係員による作業が必要です。開栓作業の申し込み(ガス使用開始の申し込み)をお忘れなく!

予約が必要ですので、都市ガス会社に電話にて申し込みをするか、インターネットでも同じように申し込みをすることが可能です。

東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガスとも契約を開始する場合にはインターネットもしくは電話での連絡が可能です。 開栓作業(ガスを開ける)には30-40分ぐらいかかりますので、余裕をみて予約をとりましょう。

安全にガスが使えるかどうか作業員の方といっしょにガス機器に実際に点火をして確認をしますのでガス機器が準備されている必要があります。

都市ガス料金の支払方法を決める

都市ガス料金支払方法 引っ越しを機に支払い方法を変えることも可能です。 支払方法には、支払用紙を使用しての現金払い(指定の窓口、コンビニで支払います。)か、クレジットカード払い、もしくは口座振替にて支払をすることができます。 申し込みは銀行やクレジットカード会社によってはオンラインですぐに申し込むこともできます。

そうでない場合は、各都市ガス会社から「申し込み用紙」を郵送してもらい必要事項を記入する・という作業が必要です。

セレクトラは電気料金比較サイトのグローバルリーダーです。

さらに詳しく