引っ越しの際に必要な手続き(電気編)

お引っ越しが決まったら、電気の引っ越し作業も忘れずに。電力会社への必要な手続きは、基本的に「電気使用の停止」とお引越し先での「電気の申し込み」になります。大手電力会社10社の場合、電気のお引越しに必要な手続きはインターネットか電話で行うことができます。

引っ越しの際に必要な手続き(電気編)
  • お引越しが決まったら、電気の「お引越し」もお忘れなく!
  • 電気のお引越しの手続きは、インターネットや電話で行うことができます。
  • お引越しと同時に電気の切り替えをすることも可能です。

引っ越しの際は電力会社への連絡をお忘れなく

引っ越しとなった場合、電気のお引越しも行う必要があります。なにかと慌ただしく大変な引っ越しですが、引っ越し日が事前に分かっている場合早めに電力会社に連絡を済ませてしまいましょう。

具体的には「電気使用の停止」と新しい住所での「電気の使用開始」の申し込みを行わなければなりません。

お引越し先でも現在契約している同じ電力会社」の電気料金プランを使用したい場合は、「電気使用の停止」と「電気の使用開始」が同時に行えます。

電気の使用停止

お引っ越しが決まったら、現在契約している各電力会社に電気の使用停止の連絡をしなければなりません。

連絡の際に必要な情報は以下の通りです。

  1. 住所
  2. 契約者の名前
  3. お客様番号(検針票に記載されています)
    ※お客様番号が分からないとインターネットでの申し込みはできません。電力会社に電話する必要があります。
  4. 引っ越し日時
  5. 引越し先住所
  6. 支払い方法(クレジットカード払い・口座振替

引っ越しの当日はブレーカーを落としてから退出しましょう。

ちなみに、電気料金は引っ越し日(退出日)までで日割りして計算されます。 

電気の使用開始

通常、賃貸住宅の場合、分電盤のブレーカーを「入」にすればすぐに電気が使えます。もし仮にそれでも電気が付かない場合は、各電力会社のカスタマーセンター(お客様センター)に連絡する必要があります。

あとは、分電盤のそばにある「電気使用開始手続き書」に必要事項を記入してポストに投函すればOKです。 もちろん、お客様センターへ連絡するか、インターネットのフォームを利用して利用開始の連絡をすることも可能です。

申し込みの際には、電気料金の支払方法も併せて選べますので、(口座振替、クレジットカード、振込用紙による支払いから選べます。)どの支払い方法にするか決めておきましょう。

電気のお引っ越し - よくある質問

  • 電気の支払いの名義が変わった場合はどうすればいい?

名義が変わった場合は、電話にて各電力会社に連絡をする必要があります。(インターネットではできないのでご注意ください。)

  • 家賃に電気代が含まれている場合はどうすればいいですか?

建物の管理者に確認する必要があります。

  • 電気の使用開始、使用停止には立ち合いが必要ですか?

引っ越し日に現金にて精算をしたい場合は地域の大手電力会社の係員が訪ねてくれますが、それ以外は立ち合いは必要ありません。

  • お客様番号が分からない場合は?

お客様番号は電力会社から毎月届けられる検針票(請求書)に記載されています。 

  • 建物の工事(リフォームなど)で電気設備を取り外すときはどうすればいいですか?

地域の大手電力会社へ電話での連絡が必要になります。インターネットでは申し込みができませんのでお気を付けください。

セレクトラは電気料金比較サイトのグローバルリーダーです。

さらに詳しく